【コンプライアンスで大事なこと】社長の親族がコンプライアンス違反を犯さないこと

社長の親族の人がコンプライアンス違反を犯すと会社はおかしくなっていきます。

親族の人に対しては誰も注意できません。それに社員が真似をするようになります。

厳しく指導できるのは社長しかいません。だから、親族の人が、どういう仕事をしているか常に管理しておくこと。

それと普通の社員よりも親族の人を厳しく指導することが大切です。言いにくいから言わないというのは良くないです。逆に、どんどん指導をして誰よりも綺麗な仕事をするようにして下さい。

甘えは禁物!
厳しい姿勢で臨んで下さい。


この記事へのコメント