【飲食業におけるコンプライアンス違反】勝手に予約を断る!

予約をいただくとうれしいものです。売上が上がり、厨房もスムーズに仕事ができます。

ところが、予約の電話があり、少しでも他の予約が入っていたりすると断る方がおられます。
社長やオーナーに相談し、席を確保したり、時間をずらしてもらったりこともできるかもしれません。

しかし、無理だと自分で勝手に判断し、予約のお客様を逃す。
これが一番怖いです。

後から、予約電話の報告を社長にすると、愕然とされます。一言、私に相談してくれたら何とかしたのに・・・ということが起こります。

一度電話を切り、社長や上長に相談してから、お客様に再度電話を入れる。
これがルールです。

予約のお客様に簡単にお断りをしていると、二度と予約を入れてくれなくなります。

融通を利かした対応ができるかどうか、それが大事です。
もう一度、予約の受け方、対応の仕方、チェックしてみて下さい。



この記事へのコメント